短期間の単身赴任者に向いている

マンスリーマンションは家具や家電やあらかじめ備え付けであり、敷金や礼金がかかることもなく初期費用をおさえることが可能です。そのため、1年未満といった短期間の単身赴任者には適している住まいといえるでしょう。単身赴任の期間が決まっていない場合もマンスリーマンションは1ヶ月単位の契約のため、急な転勤でも違約金が発生するリスクもありません。

また、備え付けの家具や家電は物件によって異なるので、入居前に必ず確認する必要があります。調理器具や掃除機、寝具など備え付けされていない家具や家電はレンタルすることも可能なので、必要に応じて揃えておきましょう。

初めての一人暮らしにもぴったり

マンスリーマンションは家電や家具が備え付けられてあり、賃貸契約が1ヶ月単位であるため、初めて一人暮らしをする人や本格的に一人暮らしを始める前の練習にもぴったりといえます。契約時も、不動産屋さんに出向いて物件を見て回り契約するといったこともなく、ネット上で完結することが可能な手軽さも魅力です。

入居審査も結構緩く、顔写真付きの身元証明書の写しや申込書をメールやFAXで送るだけで審査に通ったり、前もって家賃の振り込みさえできれば入居審査が不要であったりする場合もあります。マンスリーマンションである程度一人暮らしの生活に慣れておくと、いざ本格的に一人暮らしをしようとしたとき、自分が求めている物件の条件や街の環境などイメージがわきやすくなるのも、メリットの一つでしょう。

マンスリーマンションは短期間の入居を前提とし、敷金や礼金はありません。家具や家電が備えつけられているので、契約日からすぐに生活できます。長期の出張や研修以外に、旅行中の滞在先として借りる人もいます。