業務で使用するソフトの種類や必要なスキルをチェック

CADエンジニアは、高度な技術を持つスペシャリストとして、大手メーカーから小規模の工務店まで様々な職場で活躍の場が広がっています。そうした状況の中、CADエンジニアの求人選びをするにあたっては、気になる企業のウェブサイトや求人ページを参考にしながら、業務中に主に使用するソフトの種類や、必要とされるスキルについてチェックすることが大切です。最近では、製品開発に特化したCADソフトを使いこなせる人や、エンジニアとして長く現場経験を積んだ人を対象に、高待遇で中途採用を行っている企業が多数あります。そのため、就職をしてからエンジニアとして力を発揮するために、余裕を持って自分向いている職場を見極めることが重要となります。

エンジニアを対象とした就職関連イベントに参加しよう

収入額や福利厚生といった条件にこだわって就職先を決めたい人は、求職中にCADエンジニアを対象とした就職関連イベントに積極的に顔を出すのがおすすめです。たとえば、大手メーカーやIT企業が出展する就職フェアでは、直接企業の担当者や現役のエンジニアと相談ができる機会もあり、様々な立場の求職者にとって絶好のチャンスとなっています。また、イベントによっては会場内でエンジニアの就職面接を受けられることがあり、短期間のうちに新しい職場を決めたい人にもおすすめです。なお、優良企業が集まるイベントには、多くのCADエンジニアが訪れることもあるため、開催スケジュールやイベントの内容を前もってしっかりと確認しておきましょう。

CADオペレーターはCADの操作を専門的に行う仕事です。独学や国が支援している職業訓練校などで学び、資格を取得することができます。