タクシードライバーの仕事とは?

タクシードライバーとは、目的地に行きたい乗客をタクシーで送迎する仕事です。タクシードライバーの勤務形態は、1ヶ月で最大26日勤務する形態となり、1日あたりの実働時間は7時間45分とされています。このように、タクシードライバーは法律で勤務時間等を管理されているので非常に安心です。タクシードライバーの月収は、全国の平均がおよそ30万円程度になるといわれています。東京都内になれば、平均月収は40万円に上ります。この月収が高いか否かは各人の感性にもよりますが、一般的には収入が安定しているとされる仕事です。

タクシードライバーを目指す際に必要となる資格とは?

では、タクシードライバーの仕事に就く際には、どのような資格を取得しなければならないのでしょうか。自動車を運転するため、普通自動車免許の取得は当然求められますが、タクシーを運転する場合は普通自動車二種免許が必要となります。普通自動車二種免許は21歳にならなければ取得することができません。つまり、21歳にならないとタクシードライバーの仕事に就くことができないのです。

タクシードライバーの求人の見つけ方

タクシードライバーの仕事に就こうと考えているのであれば、各タクシー会社のホームページにアクセスするといいでしょう。また、求人サイトに募集をしている会社も数多くあります。インターネットを使って探せば、タクシードライバーの仕事に関する情報をすぐに見つけることが可能です。会社によっては平均年収や福利厚生等の情報が細かく書かれています。パソコンの操作が苦手であれば、ハローワークで助けを借りるのも1つの方法です。

ドライバーの求人は主に、送迎のように人を乗せる仕事と、食品、日用品、建築資材といった物を運ぶ仕事があります。自分の性格や望む生活スタイルに合った仕事を見つけたいものです。