正社員の役員運転手になるには確かな技術と経験が必須

大手企業の正社員の役員運転手として就職するには、過去に事故や違反の履歴が無いのはもちろんのこと、確かな運転技術や社会経験が求められます。特に、会長や社長、部長といった重役の送迎をメインに担当する場合には、安全に目的地まで運転するだけでなく、言葉遣いや会話の内容に気を付けて失礼が無いように対応しなければなりません。そのため、近い将来に役員運転手になりたい人は、運転技術を磨くだけでなく、様々な研修やセミナーなどの機会を通じて接遇マナーやコミュニケーションスキルを身につけることがポイントです。また、正社員の役員運転手の求人数はそれほど多くないため、定期的に信頼できる求人サイトやアプリを活用して情報集めをしましょう。

派遣運転手は中高年者やブランクがある人も働きやすい

派遣の運転手の仕事は、正社員よりも収入額が低くなるものの、二種免許があれば中高年者やブランクがある人も働きやすいといった魅力があります。派遣会社によっては、一人ひとりの登録者の年齢や勤務時間の希望などに応じて適切な派遣先を紹介してくれるところもあり、登録後に短期間で新しい職場で働き始めることも可能です。派遣の運転手のキャリアが長い人は、派遣先で正社員登用の試験を受けたり、個人タクシーの会社を立ち上げたりと様々な働き方を選ぶこともできます。そのため、年齢や経験などの理由により、すぐに正社員の運転手として働くのが難しいという人は、派遣の運転手の仕事内容や待遇についてよく調べてみるのがおすすめです。

運転手の派遣業務としては、企業の役員や得意先の顧客の送迎などがあり、契約内容は、一日数時間から長期にわたるものまで様々です。