一部の企業では電話での面接を行っている

一般的に期間工の面接はアルバイト面接のような気軽な雰囲気で行われることが多く、通常の就職面接と同じように面接会場に赴くようになっています。ただ期間工の面接はそれ以外にも電話やチャットを利用した面接が行われることもあり、わざわざ面接会場に出向かなくても予定されている時間帯になったら企業の採用担当から電話が来るところもあるようです。そのため事前に電話での面接なのか確認しておく必要がありますし、一般的な面接と違った電話面接ならではの注意点やポイントを理解しておく必要があります。

期間工の電話面接はどのようなものなのか

まず電話面接を行っている企業では、事前に履歴書などの書類選考が行われます。書類選考はショートメールなどメールでのやり取りで行われるところが多く、書類選考を通過した人には採用担当から電話面接の日時を伝えるメールまたは電話が届くようになっているのです。あとは事前に連絡をもらっている日時に電話が来るのを待つだけなので、服装などの身だしなみに注意する必要はありません。電話での面接で聞かれる内容としては、職歴や健康状態、自家用車持ち込みの有無など様々ですが、どちらかと言えば質疑応答のような内容になっている点が特徴です。

これは書類選考を通過した時点で採用が確定している可能性が高いためで、あとは期間工として働けるかどうか、どこに配属するのか確認するためではないかと考えられます。ただ相手に姿が見えないとはいえ気を抜きすぎていると良い評価は得られないので、きちんと受け答えをすることが大切です。

期間工は、必ずしも工場勤務の経験を求められず、業務をこなす体力や協調性がある人は年齢が高くても採用されやすくなっています。