ドライバーの仕事の種類とは?

ドライバーの仕事には大きく3つの種類があります。1つ目はタクシードライバーです。街中を流したり乗り場で待機したりして乗客を乗せ、目的地まで運びます。2つ目はバスドライバーです。乗客を乗せて街の決まった道のりを時間通りに走る路線バスや観光バス、県をまたいで乗客を乗せて走る高速バスなどがあります。3つ目はトラックドライバーです。トラックドライバーは運転するトラックの大きさによって種類があります。軽トラックを運転する軽貨物配送ドライバーや、大型トラックを運転し県をまたいで長距離を走る大型トラックドライバーなどです。

ドライバーに必要な資格

タクシードライバーに必要な運転免許は、普通自動車第二種免許となります。二種免許は乗客や旅客を運ぶ車を運転するために必要な免許です。したがって乗客や旅客を乗せるバスのドライバーにも二種免許が必要となります。バスの場合は基本的に運転する車が大型自動車になるため、大型自動車第二種免許が必要です。トラックドライバーに必要な免許は運転する車によって異なります。軽トラックを運転する場合は一般的な運転免許の普通自動車第一種免許で大丈夫です。しかし、大型トラックを運転する場合は大型自動車第一種免許が必要となります。

ドライバー求人の探し方

ドライバー業界は人手不足といわれており、さまざまところで募集しています。ハローワークではもちろん、求人誌やインターネット上の求人サイトなどでも大量に募集しています。ポイントは、多くの募集があるからといって適当に決めないことです。給料形態や労働時間など、自分が求めている条件の会社を妥協なく見つけましょう。

愛知のドライバーの求人は、大手運送会社のトラックドライバーや、地元密着のスーパーの配達員、タクシードライバーなど色々あります。