外資系企業への転職方法と企業の選び方

外資系企業とは外国人や外国の法人が、ある一定以上の出資をしている日本の企業のことです。外資系企業には、「外国の企業が日本で設立」「外国の企業と日本の企業が共同で設立」「外国の企業に買収された日本の企業」といった3つの種類があります。そんな外資系企業への転職方法ですが、「転職サイトで外資系の企業に応募する」「外資系に強い転職エージェントを利用する」「外資系に勤める友人や知人など人脈を活用する」といった方法があります。

企業の選び方のポイントとして、外資系企業といえども英語をあまり使わない部署も実際にあるので、語学スキルを生かしたい場合は入社前にしっかりチェックする必要があります。あとは、これまでの経験が生かせることができるか、固定給やインセンティブなど報酬体系も確認しましょう。

外資系のメリットデメリット

外資系企業で働く最大のメリットは、給与水準が高いことが挙げられます。また個人の実力が評価されやすいことや、オンオフの区別がしっかりしていて、有給休暇の取得率も高いのが特徴です。他には、実力があればどんどんキャリアップすることが可能、他社からのヘッドハンティングが多く、その場合は転職してもすぐに高い給与を得ることができます。

一方デメリットは、成果を出すことが出来ない場合解雇するといった企業も中にはあるため、安定して働きたいという人には向いていないかもしれません。ビジネスにおいて円滑なコミュニケーションを図るためにも高い語学スキルが必要であり、「日常会話が出来る程度では通じにくい場合がある」といったこともあります。

外資系企業には、日本企業のような終身雇用制度がありません。その代わり、自分の得意分野を磨き、突出することで生き残っていけます。成果主義型の賃金システムが主流なことが、外資系転職のメリットです。